便秘改善に食前キャベツ | カロリミット 効果時間

快便には食前キャベツがおすすめ!?

「食前キャベツ」ってご存知ですか?

 

以前、テレビ番組で紹介されて話題になったダイエット法です。

 

 

その名のとおり、食前にキャベツを食べることによって、たくさん噛んで満腹中枢を満たすことができ、食べ過ぎを防ぐことができるんだそうですよ。

 

 

たしかに、キャベツってシャキシャキとした歯ごたえがあって噛んでいるうちにお腹がいっぱいになりそうですよね。

 

 

この食前キャベツのいいところは食べ過ぎ防止だけでなく、キャベツの食物繊維によって快便になるところでもあるんだとか!

 

 

普段、野菜はあまり食べないという人が食前キャベツを始めたら毎日、お通じがくるようになったという報告もあるようです。

 

 

 

食事の前に食べるキャベツの量は1/6玉。

 

これを10分ほどかけて食べるんだそうです。

 

そのまま食べてもよいですし、ドレッシングやマヨネーズをかけても良いそうですが、できればノンオイルのものにしたほうが体重にも影響が出にくいみたいですね。

 

 

目の前にご馳走が並ぶと、ついつい食べ過ぎてしまう人は、食事の前にキャベツを食べてみませんか?

食前キャベツの効果とは

食事前にキャベツを1/6玉食べることで健康的に!と、いま話題の食前キャベツ。

 

その効果はどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

●便通が良くなる
キャベツはほとんどが水分と食物繊維です。
したがって、ほとんどカロリーがないので太ることもなく
食物繊維によって腸内環境が整えられ
お通じが良くなるといわれています。

 

 

●ビタミンが豊富
ビタミンのなかでも、とりわけビタミンCとUの含有量が多いキャベツ。
ビタミンCは抗酸化作用にすぐれていて
肌のシミができにくくなったり、病気への抵抗力が高まることで知られています。
また、ビタミンUには胃腸の粘膜を強くする効果があり、
胃潰瘍などの防止に効果的です。

 

 

●イソチオシアネートが含まれている
聞きなれない名前の「イソチアシアネート」ですが
抗がん作用があると言われています。

 

 

 

低カロリーなので、ダイエットにも適していて健康維持のためにもオススメの食材、キャベツ。

 

毎日食前に食べることで、これだけの効果が得られるなんて嬉しいですね!

 

野菜不足の現代人のみなさん、今日から食前キャベツを試してみませんか?